2013年05月12日

年金も増える可能性がある転職について

年金水準については「厚生年金」に加入することで大きくなる
まず、転職先が「厚生年金の適用」かどうかは、将来の年金額を大きく左右することは頭に入れておきたいところです。
保険料も国民年金に比べると高いのですが、その分確実に将来の年金額がアップします。
仮に毎月1万円の差でも平均余命の20年を考えれば240万円にもなる財産です。
逆にいえば、厚生年金に入らない立場に変わったときは、自力でしっかり老後の準備をしておく必要があります。

転職がキャリアアップになると効果は大きい
「年収増」につながる転職は確実に年金額を増やします。
ただし会社員から会社員への転職であって厚生年金に加入した場合です。
厚生年金の金額は、加入していた年数と、その間の平均給与額(ボーナスも加味される)によって決まってきます。
たくさん保険料を納めた人はたくさん年金をもらえる権利も手にするのです。
転職のキャリアアップは目の前の生活水準のアップばかりを考えがちですが、老後の資産作りにもプラスになってきます。

年収スライドの転職は中立的
もし年収があまり変わらない転職であった場合、会社員から会社員への転職であれば年金としては中立的です。
ただし、フリー・自営業者になった場合については、年収が変わらなくても年金額は下がりますので、老後の資金準備を行ってください。

転職時には年金に対する影響も考えてみたい
転職時に最重要課題は、職場環境の変化であったり、目の前の年収の増減であったりしますが、年金のことも考えてみると、進路選択に役立つことと思います。

OL株式投資OL株 投資株式投資銘柄選び株儲かる株式投資ブランド生活必需品セクター銘柄KXI資産運用方法お金を増やす方法分散投資 資産運用REIT分散投資資産配分インカムゲインインデックス投資外国株式投資外国株購入外国株ETF海外ETF米国株式投資信託おすすめETF投資資産運用ETFメリット債券投資債券ETFREITおすすめREIT ETF株式ETFおすすめJREITメリットJREIT投資社債購入優先株投資信託米国株買い方お金持ちになる方法外国債券老後の貯蓄お金の増やし方 債券株式投資サラリーマン副業おすすめ副業SEO
posted by sadf at 01:00| 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。