2013年06月28日

NISA(日本版ISA:少額投資非課税制度)とは

NISAは、2014年1月から導入される新しい証券優遇税制です。
英国で普及しているISA(Individual Savings Account(個人貯蓄口座))を参考にしています。

当初、2012年1月から、上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に対する税率が10%(軽減税率)から20%に引き上げられることになっていました。ただ、その後の税制改正において、軽減税率が2013年12月まで2年間延長されたことに伴い、NISAの開始時期も2 年間延期されました。

2013年1月から始まった復興特別所得税(所得税×2.1%)を考慮すると、現在、株式や投資信託から得られる収益には10.147%(所得税7.147%+住民税3%)の軽減税率が適用されていますが、2013年12月末をもって廃止となり、2014年1月からは20.315%(所得税15.315%+住民税5%)に戻ります。
この軽減税率適用の終了に伴い、2014年1月からNISAが新たな証券優遇税制としてスタートします。


NISAの概要

NISAを利用できる人
口座を開設する年の1月1日において20歳以上の居住者が対象

投資ができる期間
2014年から2023年の10年間

非課税で投資ができる期間
原則として5年間

投資できる金額
1年間の上限は100万円、最大で500万円(100万円×5年間)

対象商品
上場株式と公募株式投資信託

非課税の対象
配当と譲渡益

収入の増やし方収入を増やすには収入を増やす方法株式投資を収入源にする都内ワンルームマンション投資中古ワンルームマンション投資ワンルームマンション投資失敗ワンルームマンション投資成功不動産投資リスク不動産投資効率FX初心者雇用統計FX為替動向ファンダメンタルズ分析FX
posted by sadf at 23:59| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。