2014年09月28日

株主の権利

株主には、主に次の3つの権利があります。
株主権 〜剰余金の配当を受ける権利〜
株式を所有し、株主になると、剰余金の配当を受け取る権利が生じます。会社が利益を蓄積した剰余金の配分を受けるという意味の権利です。長期投資をする場合、この権利が大きな魅力となります。
株主権 〜株主総会における議決権〜
株式会社は、決算後等に、株主を集め、会社の経営方針や取締役の選任などについて承認等をとるため、会社の最高意思決定機関である株主総会を開催します。株主は、株主総会に出席して、会社が提出した議案に賛否をとなえたりすることで、間接的に経営に参加することができます。
最近では、株主総会も多様化しており、会社によっては、家族連れで参加できるものやインターネットで参加できるものもあります。

株式会社が倒産した場合、株主が保有している株式の価値がなくなることもあります。
しかし、その会社が借金等の債務を返済した後、残った財産があれば、株主はその財産を分配してもらうことができます。これを「残余財産の分配を受ける権利(残余財産分配請求権)」といいます。

しかし、借金等の債務のほうが多く、財産が残らなかった場合、株主に財産が分配されることはありません。また追加出資を求められることもありません。

しかし、最近、企業の買収が盛んに行われていますが、買収後、その企業が解散することもあります。こうしたケースでは、企業の財産が残り、株主に残余の財産が分配されることになります。

先取り貯蓄何度も何度も確認してしまう病気即日お金を借りる
ラベル:株主 株主の権利
posted by sadf at 13:56| 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。